【シャープニング】基礎知識その1〜なんのためのシャープニング?〜

013

 

SRP成功の近道:道具の管理 シャープニング

シャープニングのブログを担当する中谷です(^^)

初めて連載を受け持つことになりドキドキしていますが、“シャープニング やってみよう!”と思っていただけるよう頑張ります!

 

第1回 基礎知識その1〜なんのためのシャープニング?〜 今ココ

第2回 基礎知識その2〜こまめに研ぐのがお得なワケ〜

第3回 基礎知識その3〜スケーラーの名称と、カッティングエッジの見分け方〜

第4回 テスティングその1〜「研ぐ」と同じくらい大切なこと〜

第5回 テスティングその2〜やってみよう!テスティング〜

第6回 豆知識〜砥石の種類と使い分け〜

第7回 研ぐ前に〜ラプレのおすすめ!砥石とスケーラーの持ち方〜

第8回 研いでみようその1〜1・3・5・7・9番のスケーラー〜

第9回 ステップアップ〜ヒールとトゥを研ぐために〜

第10回 研いでみようその2〜2・4・6・8・10番のスケーラー〜

 


 

184【シャープニング】第1回 基礎知識その1〜なんのためのシャープニング?〜

1. シャープニングの目的

2. 気づきのエピソード

3. いつ研ぐの?

 

 

シャープニングの目的

 

まず初めに、“なんのためにシャープニングをするのか”をお伝えいたします。

 

とは言っても「シャープニングの目的を知っていますか?」と聞くと、ほとんどの衛生士さんがご存知だと思います。

 

  • スケーラーのエッジを回復するため
  • 歯石を取りやすくするため
  • SRPの効率を上げるため

 

表現は様々ですが、大切なことは鈍化したエッジをシャープにすることですよね。

学生時代にも習ったのではないでしょうか。

 

ではでは、毎日のルーティンワークにシャープニングは入っていますか?

 

  • 毎日取り組まれている衛生士さん
  • 取り組むシステムができている医院さん

 

とても素晴らしいと思います♡ぜひその習慣を続けてください!

 

 

忙しくてできてないな〜、、という衛生士さん。

今すぐテストスティックでテスティングをしてみてください!

ツルっと滑っちゃいませんか?

 

ツルッとしたスケーラーを使っている衛生士さん、チャンスです。

 

しっかり研いでエッジがシャープになったスケーラーを使うと、歯石除去の効率が上がります(^^)

 

シャープニング1

 

 

気づきのエピソード

 

以前SRPセミナーを受けてくださっていた衛生士さんのエピソードをご紹介します。

 

SRPセミナーでは必ず1日目にシャープニングの時間を取ります。

(研げていないスケーラーを使っていては、正しいポジション・側方圧でアプローチしても歯石を取ることができないからです。)

 

その衛生士さんは、コツコツとSRPの模型練習をしていたのですが、そのうちに上手くエッジがかからなくなってきました。

 

熱心に練習したことで、エッジが鈍化してしまったのです。

 

そこでシャープニングの時間を設け、エッジが回復した状態で模型に向き合うと

 

『すごい!めっちゃ取れる!

ちょっとみんな、シャープニングめっちゃ大事やで!』

 

と、思わず周りの衛生士さんにも声を掛けました。

 

エッジの状態が違うと同じようにSRPを行なっても結果が違うことを体感してくれたことが嬉しかったです。

 

でもそれはSRPセミナー最終日。

 

もう少し早く気付いてもらいたかったのが本音ですが、とにかく気付いてくれてよかった!!

 

シャープニング2

 

ツルっとしたスケーラーで縁下歯石を取る、というのは非常に難しいことです。

 

SRPが苦手な衛生士さんはシャープニングも苦手な方が多いように思います。

 

シャープニングできていないスケーラーを使っていると歯石をとらえても滑ってしまい取れないので、当然かもしれません。

 

「新品のスケーラーだとよく取れるのに、、」

と感じる衛生士さん、この機会に道具(スケーラー)のお手入れを見直してみませんか。

 

SRPが上手な衛生士さんはシャープニングをないがしろにはしません。

 

正しくお手入れされたスケーラーを使うことの大切さを知っているからです。

 

あんまりスケーラー研いでないな〜

という衛生士さん、今年は正しいシャープニングを身につけてSRPをスキルアップしちゃいましょう!

 

よく研げたスケーラーを使う→歯石が取れやすい(余分な側方圧を掛けなくても取れる)→患者さんの負担が減る

 

というふうに、シャープニングは衛生士さんにも患者さんにもメリットしかありません♡

 

 

いつ研ぐの?

 

ちなみに、一般的なスケーラーは15ストロークほど使用するとエッジが鈍化し始めます。

(エバーエッジやシャープニング不要のスケーラーは例外です)

 

“シャープニングが苦手”という衛生士さんは、まだ引っかかるし使える、、とついつい研ぐのを先送りしてしまいがちです。

 

ですが、シャープニングを早く習得するポイントはココにあります。

 

“まだ引っかかる状態”でシャープニングをする方が、早く・綺麗に研ぐことができます。

 

お掃除と一緒ですよね。

毎日こまめに片付ければ短時間で済む。

そんなイメージです。

 

それにこまめに研ぐことはスケーラーを長持ちさせることにもつながります!

 

012

 

詳しくは次回お伝えいたします(^^)

また覗きにきてください♡

少しだけ宣伝させてください!

歯科衛生士勉強会TENDERSPACE8期生募集 歯科衛生士勉強会TENDERSPACE8期生募集
歯周病説明ツール学習キット 歯周病説明ツール学習キット
歯科衛生士のための無料動画学習サイト ラプレッスン 歯科衛生士のための無料動画学習サイト ラプレッスン

« »

歯科衛生士勉強会TENDERSPACE8期生募集|岡村乃里恵 歯科衛生士勉強会TENDERSPACE8期生募集|岡村乃里恵
歯周病説明ツール学習キット 歯周病説明ツール学習キット
歯科衛生士のための無料動画学習サイト ラプレッスン 歯科衛生士のための無料動画学習サイト ラプレッスン

医院研修ケーススタディ

医院研修ケーススタディ

院長先生インタビュー

院長先生インタビュー
お問い合わせはこちら、ご相談ご依頼などお気軽にお問い合わせください